感想‎ > ‎感想‎ > ‎

自分のような進路に迷いがある人には、

2009/05/12 6:31 に Site Admin が投稿

自分のような進路に迷いがある人には、実用的でもあるし、
何か勇気を与えられるような本だと感じました。タイトルはまさにぴったりな
ネーミングだと思います。

私が特に印象的だったのは、P.118のキャリアチェンジに成功した人が実は小さなことを
試しているという箇所と、P.188の理詰めの決意が失敗する理由という箇所です。

理詰めの選択には私も失敗の経験があります。
特に洋服などは、スペックや条件ではなく直感(第一印象とでもいいますか)
で選ぶほうが後悔が少ないです。嗜好品はそういう傾向が強い気がします。

理詰めの選択というのは、どこかで自分を正当化というか、逃げ道を作った選択
のような気がしてなりません。

その他もうんうん納得という箇所が多かったです。
総じて面白かったので、すいすい読めました。

(5/8/2009 30代の学生 さん)

Comments