感想

ひとこと推薦

事前に原稿を読んでいただいた方にお願いしていたものです。出版社が本の帯に採用してくださいました。引き続き募集しています。

ひとこと推薦
迷ったときに何度も読み返したい本(20代・女性・マーケティング) 
過去まで変えられるすごい思考法(40代・男性・人事) 
人生を後悔しないための選択、それがクリエイティブ・チョイス(30代・男性・企画) 
「まだ、わからない」という言葉をもう使わなくなる(20代・女性・セールス) 
迷っている人にとって、もっともすぐれた応援歌になる(40代・男性・経営企画) 
ひとこと推薦」ページから 5 件のアイテムを編集日時順に表示しています。 もっと見る »

引用

気に入った文章の抜き書きをお寄せいただいています。

1 - 5 / 13 件の投稿を表示中 もっと見る »


感想

いただいた感想文を掲載しています。
  • 最初読んだ時には、感覚で読んでいるせいか、 最初読んだ時には、感覚で読んでいるせいか、直感に訴えてくるような堀内さんの実体験に基づいたエピソード、引用されている有名人の言葉などなど、分かりやすいところばかりをさらさらと読んでしまったのですが、どうも読み残し感があり、何度も繰り返し手にしているうちに、突然腑に落ちる部分がでてきました。特に今は転職活動中ということもあり、・45ページ、「目的の目的の目的・・を考える」こと、(これは「より高い目的を考える」や「目的を再定義する」等々、文中何度も言い換えられていると思いますが・・)・81ページ、「選択肢を創り出すエクササイズ」の部分、(The Want List, WAQ, ロジックツリー・・)については ...
    投稿: 2009/06/15 18:59、Site Admin
  • 「THE 21」の書評として 「THE 21」の書評としてサイトにあった【「これ1冊で、意思決定本20冊分の価値がある」といっても過言ではないほどの良書。】・・・という表現が特徴をよく表しているなぁと思いましたが自分なりに整理していて第1章がつかみどころがなく難しいというか、ここだけ他の章と違うというのは感じました。たぶん堀内さんの主張が明確に出ている部分だからなんだろうとは思ってます。私は自分の事を石橋を叩きすぎているかと思っていたのですがどうも事前の選択肢への用意が足らず、チャンスをチャンスととらえきっていないのかとも感じました。まぁ今更とは思わずやれる事はしていきたいと思ってます。考えた事を実行しないのは「老い」である ...
    投稿: 2009/06/15 16:49、Site Admin
  • 表紙裏の心理テストと 著者の考え方に いきなりやられました 表紙裏の心理テストと 著者の考え方に いきなりやられました。問題文を無視すると 心の奥底で 誰もが取りたい手段の一つですよね。木を見て森を見ず そういったものの考え方・見方に ついつい偏りがちな日常に気づかされました。また 目的の目的の目的によりGOALを見つけるという大事な作業って これもついつい忘れがち。創造するという部分 大好きです。(辻本典仁)
    投稿: 2009/06/10 3:57、Site Admin
  • 今でこそ「意思決定の能力は修得できるもの」という考え方が 今でこそ「意思決定の能力は修得できるもの」という考え方が珍しくなくなりましたが、かつてはそれは人の性格に由来するもので、学習で身につくという発想はありませんでした。 特に技術者の場合、「意思決定論的仕事の進め方」=「主観的進め方」→「論理的でない」という誤解があり、企業の技術者教育でも余りメジャーではなかったと思います。新人のころにこのような思考法について学べなかったのはとても残念ですが、「クリエイティブ・チョイス」風に捉えるなら、ある程度のビジネス経験を積んだ今こそ、この思考方法を学ぶ最適なタイミングである、と感じられました。 納期・品質・コスト以外にも新しい技術・要件・価値創造などなど、日々多様なパラメータと格闘している中堅以上の技術者にこそ ...
    投稿: 2009/06/02 1:43、Site Admin
  • 「やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい」 「やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい」という言葉を思い出しました。 たまに意識する言葉です。 考えるきっかけを与えてくれ、考えるだけではなく試行する大切さ、失敗してもそこから学ぶこと、シンプルだけど意外とできていないことに気付かせてくれました。 『目的』から『手段』を考えれば自由になれる。それを知っているだけでも選択の幅は広がります。 答えを選ぶというよりは作り出す。
    投稿: 2009/06/02 1:42、Site Admin
1 - 5 / 21 件の投稿を表示中 もっと見る »